スロット。金欠。キャッシング。負のスパイラルにハマる前に

私は大手金融会社のカードローンを契約しています。もちろんキャッシングをした経験もあります。これは個人的な経験なのですが、ATMでキャッシングした場合気をつけなければならないことがあります。

ATMでキャッシングすると、端末から現金が直接出てきます。あたりまえのことなのですが、これが非情に危険なのです。まるで自分の口座から引き出しをしているような錯覚に陥ってしまうのです。借金をしているという感覚が希薄になってしまいます。
ヤクザまがいの怖いお兄さんの前でビクビクしながら手続きをしたほうが、よっぽどお金を借りてしまったことを強く意識できます。(だからといってヤミ金を推奨しているわけではありません。ヤミ金に手を出しては絶対にいけませんよ)
先日パチンコ好きの友人からある話を聞いてとても驚きました。
最近のパチンコ店には店内にATMが設置されているというのです。これって絶対に危ないですよ。

私は生まれてから一度もパチンコをしたことがありませんから正確でないかもしれませんが、最近のパチンコやスロットはICで当たりの確率を制御しているので、ある程度回転させないと当たりが出ないそうです。また慣れてくると、もう少し回転させたら当たりが出ると分かるそうです。パチンコの玉やスロットのメダルはお金を出さないと買えません。もしあとすこしで当たると分かった時点で玉やメダルがなくなってしまったら、普通に考えて買いますよね。もしその時に手持ちのお金がなくて、店内を見回すとATMが置いてあることに気がついたら……。もちろん、今日はここまで、と自制できる人もいると思いますが、やっぱりキャッシングしてしまいますよね。しかも前述のようにATMの場合、借金をしている感覚が希薄になってしまいます。ギャンブル→お金がなくなる→キャッシングという負のスパイラルに陥ってしまいませんか?
「当たったら20万近くになることがあるから」とパチンコ好きの友人は笑って答えましたが、当たらないこともありますよね。いや、むしろ当たらないことのほうが多いのでは。

ギャンブルはするなとは申しませんが、ギャンブルのためのキャッシングは避けましょう。あとで後悔するのは自分ですよ。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 今すぐ審査可能《人気のキャッシング》初めてでも超簡単でお金を借りれます All Rights Reserved.