カードローンの利率は限度額によって変動。三井住友銀行の場合は?

ネットのお悩み相談ページを眺めていたら、こんな質問が目に付きました。三井住友銀行のカードローンで50万円借り入れがある人からの投稿です。その人は月に1万円ずつ返済しているのですが返済のほとんどが利息に充当され、元金がなかなか減らないというのです。この投稿に対して様々な回答が寄せられていました。
「キャッシングなんてそんなものだ」
「早く返済してしまいたいなら、月々の返済額を増額するしかない」
「利用限度額を増額してもらって、今よりも低金利を適用してみてはどうか」
相談者は銀行系のキャッシングを利用しています。銀行系は消費者金融系よりも金利が低めというのが一般の定説です。銀行系、消費者金融系も含めて金利は最大と最低が決まっています。例えば4.4~18.0パーセントといった具合にです。金融会社と契約する際に金利の最低値に目が行ってしまいがち。例でいうと4.4パーセントですからそこそこの低金利。これはいいや、と判断し契約をしたところ実際は最大値の18.0パーセントで利息が計算されてしまいます。4.4パーセントって謳っているじゃないかと憤慨してしまいますが、なぜこのようなことが起きるのでしょう。

4.4パーセントはあくまでも最低ライン。契約時に金利が決められていきますが、あなたには何パーセントの金利が適用されます、というのは実は利用限度額によって決まってしまうのです。契約者の返済能力に従って限度額は決められていきますが、最初はそれほどたくさんは貸してもらえないでしょう。問題なく返済を積み重ねていくことにより、信用度がアップし増額の申請が許可されたり、場合によっては金融会社の方から増額を持ち掛けてくる場合があります。それにともなって利息も低金利で設定されるようになるというのが、一般的な流れです。ですから初めのうちは低金利は期待できません。

お悩み相談の投稿者のように高金利で利息を設定された場合はなかなか元金が減らないのが現実です。
回答にもありましたが、キャッシングとはそういうものという覚悟が必要なようです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 今すぐ審査可能《人気のキャッシング》初めてでも超簡単でお金を借りれます All Rights Reserved.